空き家 買取

売れない空き家を現金化する方法を教えます

 

空き家買取してもらうには、現況で買ってもらうことがおすすめな方法です。

 

 

なぜなら、古家土地付きで販売した方が売れやすいのと、一番楽で手放せる可能性が高いからです。

 

 

実家が空き家で固定資産税だけ毎年払っている状況なら早く売却した方が良いです。

 

 

そのまま放置して特定空き家に指定されればさらに固定資産税があがります。

 

 

更地にして売れれば問題ないのですが、売れなかったら固定資産税は6倍に上がりそのまま支払い続けなければなりません。

 

 

もし、実家も遠く離れていて今後住む予定もなくただ空き家を所有しているだけだと、税金や雑草などの維持管理に悩まされることになります。

 

 

売って新しい買い主にまたきれいに丁寧に使っていただくことが、親にとっても家にとっも良い活用方法なのではないでしょうか。

 

 

空き家買取してもらえば、古い家もリフォーム、リノベーション後に再販されます。

 

 

そのまま放置し続ければ、どんどん家も傷んできますし売りたいときに売れない可能性もあるのです。

 

 

放置すればするほど買い手もみつかりにくく、これからますます少子高齢化が進み空き家は増え続けます。

 

 

普通に売りに出して何年も売れていない物件はざらにあります。

 

 

だかこそ、1日でも早い処分が必要なのです。

 

 

空き家を買取してもらうポイント

 

 

早めに査定しておく

 

 

すでに実家を相続したり両親やどちらかの親が亡くなれば空き家になっている場合、一番はじめにしなくてはならないのが現状の把握です。

 

 

今現在の査定価格や、近隣の最近の取引事例など今後の動向を確認しておくことが大事です。

 

・今、仲介で売却する場合、どのくらいの価格になるのか

 

・建売業者などに売る場合、どれほど値段が下がるのか

 

・最近、近隣の一戸建てが売りに出ていた家はいくらで売れたのか

 

 

また、家を売るとき売り方が2通りあります。

 

 

不動産会社が間に入って仲介で売却する方法と、不動産会社か建売業者に買取してもらう方法です。

 

 

その他に個人売買やオークションなどもありますが、私はあまりおすすめしません。

 

 

個人売買はトラブルになる可能性が高いこと、オークション売買は1都3県限定だったりするからです。

 

 

仲介買取もそれぞれメリットデメリットがありますので、あなたの目的に応じて不動産会社を選ぶことが大切です。

 

 

実家が遠く離れていれば、どのように不動産会社を探せば良いのかわからないこともあると思います。

 

 

その際、少しでも良い不動産会社を探せるように詳しく説明します。

 

 

>>不動産会社に査定依頼

 

 

登記簿の確認

 

 

次にしなければならないのが、登記簿の確認です。

 

登記簿を見てみるとわかるのですが、実際持ち主と名義が違っている場合があります。

 

中には、祖父母の代から名義が変更されてない土地があるケースも多いようです。

 

そして、土地や建物を相続するには相続登記が必要になります。

 

売却する前に売主を確定させないと売ることはできません。

 

売却を検討しているならば、早めに書類や手続きの準備をしておくようにしましょう。

 

 

>>相続登記の手続き

 

 

土地の境界線の確認

 

 

次に確認しなければならないのが、土地の境界線の確認です。

 

 

この、境界をはっきりさせないと実家を売ることはできません。

 

 

土地を売るときは、隣地との境界が定まっていないければならないからです。

 

買取してもらう場合であってもです。

 

 

地方の場合、都会と違って隣地との境界があいまいなところが多いです。

 

 

親が元気であれば境界確定をしておいた方が良いです。

 

境界確定がしっかりできていないと売りに出すことも活用することもできません。

 

 

必ず確認するようにしていきましょう。

 

 

>>土地の境界線に注意

 

 

遺品整理、不用品回収

 

 

続いて、遺品整理、不用品回収についてです。

 

 

あなは遺品整理をどのように考えていますか?

 

 

業者に依頼する場合も、あなた自身で行うにしろ様々な注意点があります。

 

 

親の遺品を丁寧に整理してもらうのか、不用品として処分するのかによって扱われ方も変わってきます。

 

 

実際に段取りよくほとんどを自分たちで行い、仏壇や愛用品のみを残して遺品整理業者に頼む人もいれば、途中で挫折して業者に依頼するケースもあります。

 

 

結局、お金と時間が思いのほかかかってしまったということがないようにしていきましょう。

 

 

自分でなんとかできると思っていても、運ぶために荷物をダンボールなどにしまい、今度は運び終わってから開けるまでの作業に手間がかかってきます。

 

処分するにしても、曜日が決まっていてなかなか日程が合わないなど事前準備が必ず必要です。

 

 

また、運ぶだけでなくご近所へのあいさつや気遣い、部屋の掃除もなどもあるのでただ運べばいいだけというわけでもないのです。

 

 

ただ単に、遺品整理会社回収業者へお金を払うのがもったいないというのであれば、一度無料で見積もりをとってみてから判断しても良いでしょう。

 

 

>>遺品整理業者に依頼するときの注意点

 

 

庭木や雑草の対応

 

 

空き家を放置し続けると、建物だけでなく庭や雑草の対応も考える必要があります。

 

 

空き家を維持管理せずに売却することは困難です。

 

 

1戸建てにはたいていがり、季節の良いときには数週間ほっとくだけで、雑草がはびこります。

 

 

庭木も刈り込まないと見苦しい外観となり、周囲に不快感を与えてしまいます。

 

木が高くなればなるほど、自分で行うには危険が増しますし業者に依頼する場合だと費用も急激に上がります

 

 

また、となりの敷地にも枝の葉などが散乱し迷惑をかけることになります。

 

 

このように長い間人が足を踏み入れていない家は、外観が見苦しくなるだけでなく不法投棄やスズメバチなどの害虫、ねずみやイタチなどの害獣の繁殖の場となる恐れがあります。

 

 

そうした空き家周辺の住宅にも悪影響を与えてしまいます。

 

 

汚い空き家の隣家には買い手がつきにくく、不動産価格は下がってしまうのです。

 

 

少し手を加えれば売りやすくなるはずなのに、お金をかけたくない理由などによって現状のまま売りに出しても厳しい現実が待っています。

 

 

木の枝を切るだけでも見た目は違いますし、庭の草や木が伸び放題では買取業者含め売りにくくなってしまいます。

 

あまりお金をかけたくない場合であっても、少なくとも庭木や雑草の伐採を行うことをおすすめします。

 

なぜこれほどまでに庭木雑草、見た目のことを言うのかというと高く売れる可能性があるからです。

 

 

>>空き家を買取で高く売る方法

 

 

まとめ

 

 

地方に実家があり、子どもたちが全員独立し都心に出ているケースでは、両親が亡くなったり介護施設に入ったりしたとたんその家は空き家になってしまいます。

 

 

これまで説明してきたとおり、空き家を維持管理せすに放置してしまうことは様々なリスクが伴ってきます。

 

 

今現在ではおよそ7軒に1軒が空き家の状況となっており、東京オリンピックが開催されるころには1000万戸を超えるだろうと言われています。

 

 

長生きする親が増えたことで相続人の年齢もあがり、今では両親を2人とも亡くすのは50代から60代を超えてからという場合が多いかと思います。

 

 

そのくらいの年齢になれば、子どもたちはすでに自分の家を持っているケースも多く、両親が住んでいた実家の扱いに困り空き家をそのままにしているケースが多いのではないでしょうか。

 

・親の荷物が多くて片付けられない

 

・子どもの頃からの思い出があるから家を売るのに抵抗がある

 

・これから先、もしかしたら実家に住むかもしれない

 

 

理由は本当に様々なのですが、人が住まない空き家になると、すぐに下水や排水などの水廻りがだめになり湿気によって畳や根も腐ってきます。

 

 

場合によっては湿気がたまって屋根が落ちてしまうケースもあるようなので、こうなってしまうと住むことはできませんし売ることも難しくなってきます。

 

 

維持管理せずに方っておけば、早ければ3年くらいでこのような状態になってしまいます。

 

 

解体するにしても解体費用がかかりますし、更地にすれば固定資産税が今の6倍に上がります。

 

 

空き家が老朽化し、周囲にも悪影響を与えているにもかかわらず、取り壊したい気持ちもありながらなかなか決断できないでいる。

 

 

だからこそ、現況で買取してもらうことが売れずに悩んでいる問題を解決できる糸口になってくるわけです。

 

 

現に私の祖父の実家は空き家で、山形の過疎地域にあります。

 

 

買取のため査定サイトを利用し問い合わせたところ、転売がしづらい地域では買取業者を紹介することはできないと言われました。

 

 

今現在も親戚中で今後どのように活用するのか決まっていなく、そのまま維持管理をしています。

 

 

毎年、冬になれば屋根の雪おろしがありますし、業者に頼らず自分たちで行っています。

 

 

雪おろしは想像を絶するほど大変です。

 

 

雪の多い日だと、本当に2〜3日で家が埋もれてしまうのではないかというほど雪が積もります。

 

 

大の大人5人でも屋根の雪おろしをするだけ半日はかかります。

 

 

私のように長男だからこそ様々な問題が起きる場合や、地方だからこそまた違ったケースの悩みもあるかもしれません。

 

 

当サイトでは、少しでもそういった悩みを解決できるようにお役立てできれば幸いです。

 

 

>>空き家を買取してもらうまでの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

不動産会社へ複数査定で即現金化



実家の空き家の固定資産税を払い続ける前に!
実家が遠くても大手や地元の不動産会社がすぐに見つかります。
さらに、買取業者を競わせることで買取価格が高くなる可能性があります。

イエウール

 



地方の物件でも取り扱っている不動産会社が見つけやすい

・全国1400 社以上(一括サイト最多)の厳選された不動産会社が対応!

最大 6 社と比較、あなたの不動産を高く売れる!

カンタン 60 秒で不動産の無料一括査定が可能!


【無料】イエウール


スマイスター

 



買取希望ならスマイスターがおすすめ
仲介で買手が見つからない方向け
現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている
秘密で売却したい
とにかく早く現金化したい(スピード売却)

【無料】スマイスター




運営者情報 空き家買取体験談 査定依頼の仕方 空き家を高く売る方法