2,000万円から1,400万円に!値付けに失敗して実家が2年売れなかった34歳主婦の私の体験談

 

 

東京に住んでいる34歳の専業主婦です。

 

 

祖母が一人で住んでいた新潟県内の小さな町にある実家が売れなくて困ってしまっていました。

 

 

それだけならよくある話でしょうが、実家の周りはコンビニなどのお店がまったくなく、駅もとても歩いていける距離にはありません。

 

 

いわゆる過疎状態で好んで住む人などいないのです。

 

 

そんな家にいくらの値を付ければいいのかわかりませんよね。

 

 

実際に私たちは値付けに失敗しました。どうにか売ることができるまで長い時間かかりました。

 

そんな条件で売却を仲介してくれる不動産会社探しから始まり、値付けの失敗を経て、新たな不動産会社でどうにか実家が売れた経緯をご紹介します。

 

思い知らされたのは不動産会社選びの重要性です。

 

 

不動産売却がうまくいかない場合は不動産会社のを疑ってみてください。

 

 

これからご紹介する私の体験談が、実家が売れなくて困っている人へそのやり方を見直すきっかけになれば幸いです。

 

 

祖母が老人ホームへ。実家を売るために出した祖母のゆずれない条件

 

 

 

そもそも実家を売却することになったのは祖母が老人ホームに入ることになったことがきっかけです。

 

 

私は高校を出てすぐに東京に出てしまってずっとそのままでしたし、両親も仕事の都合で新潟市に引っ越してしまい祖母が残されていました。

 

 

祖父はその5年前に亡くなっていて、祖母の面倒はヘルパーさんを頼んだり時々両親や叔母が顔をみせている状態でした。それももう限界だろうという話になったのです。

 

 

祖父から相続して家の所有権を持っていた祖母は、頭もはっきりしているので結構意見を言ってくる状態にありました。

 

 

老人ホームに入ってしばらくは家も残していましたが、もう戻ることもないし税金も無駄なので売るという話し合いが親族内で決まりました。

 

 

祖母が亡くなってからではまた相続税がかかるのも避けたかったのです。

 

 

その時に祖母が出した条件は家は残したままにして売ることです。

 

 

なかなか売れなかったのは、祖母が家の取り壊しに猛反対したことも原因のひとつでもあります。

 

 

その時は時々状況の報告を受けていた私も含めて不動産売却の知識はまったくないので、別にそれでいいのではないかと思って了承しました。

 

 

しかしそれが実際にネックとなったのです。

 

 

いざ家を売却しようと思ってもどこに相談していいのかがわかりません。

 

 

最初にネットで調べた不動産会社は口を揃えてわが社で買い取りますと言いましたが、その際には更地にして新しい建物を建てるだろうと言います。

 

 

それだと祖母が許さないので、個人で買ってくれる人を求めて仲介してくれる不動産会社を探しました。

 

不動産会社の選び方がわからず、とりあえず選んでみた結果・・・

 

 

 

どこが良い会社なのかもわからないので新潟県内に店舗数が多い不動産会社を選んで電話しました。

 

 

この判断がいけませんでした。

 

 

私も気になって帰省して立ち会いましたがその不動産会社は家を査定しに来ると、ざっと見回して築35年の家に対して2000万円の値を付けました。

 

 

「そんなにするの!?築35年も経っているのに!?」

 

 

と驚いていると、

 

 

「確かに上物だけではそれほど価値はつけられませんが、土地は高く評価できますよ。」

 

 

と言います。

 

 

そんなに高く売れたら大助かりだとみな喜んでその不動産会社に任せることにしました。

 

 

ところが募集を開始してもらっても最初の2ヶ月はなんの反応もありませんでした。

 

 

主にその会社のホームページや不動産の検索サイトに載せていたのですが問い合わせが入りません。よくわかりませんが閲覧している人の数も多くなかったようです。

 

 

ちなみにこのころからネットのことは若い人間にしかわからないという理由から、東京にいながら私が不動産会社との打ち合わせの窓口になっていました。

 

 

「どうして誰もみてくれないんですか?」と聞くと、「写真の撮り方が良くないかもしれません」と言います。

 

 

写真は不動産会社が撮ったものですが、普通のデジカメ撮影でしたので専門のカメラマンを呼んで良い写真にした方が良いと言われました。

 

 

当然別料金になるのですが、2000万円で売れるなら良いのでは?と両親も祖母も了承したので頼むことにしました。

 

 

この時はまだ仲介を頼む不動産会社を変更できることをよく知らなかったのです。

 

 

さて、余計なお金を払ってびっくりするくらい綺麗な写真も撮ってもらいましたが、良い反応がないのは変わりません。

 

 

そのうち不動産会社から、

 

 

「相場に合っていないから値下げした方がいいですね。」

 

 

と提案されました。

 

 

「この金額で売れると言ったのはあなた達でしょう!」

 

 

と一同総突っ込みでしたが、実家が売れない事実に変わりはありません。

 

 

渋々でしたが200万円下げて再募集することにしました。

 

 

値下げをしたことで少し反応が入るようになって、実際に足を運んで見に来てくれる人も何人かいました。

 

 

しかし、周りにまったく何もない環境や、決して悪くはないものの既にくたびれかけている家を買おうと言う人は現れません。

 

 

1000万円にしてくれたら買うと言った人はいましたが、祖母が激怒してしまいました。

 

実家は売れない、祖母の機嫌は悪くなるで、もううんざりした状況で早くも1年半が過ぎました。

 

 

不動産会社の質の違いが、結果に大きく左右されることを知った

 

 

そんな時にどう調べたのか、とある不動産会社が

 

 

「自分たちにあなたの実家を任せてくれませんか?」

 

 

と両親に連絡をしてきました。ですが私達はすでに不動産会社に頼んでいます。そうすると

 

 

「乗り換えることもできますし、複数の不動産会社に任せる契約もできるんですよ。」

 

 

と言います。

 

 

興味をもった両親に呼び出された私も含めて売却のプラン、値付けについて説明を受けました。

 

 

提示された金額は1400万円です。当初の価格より大きく落ちてしまいます。

 

 

しかし、過去の事例や土地のデータから算出しているという説明を聞くと説得力があります。前の会社はそんなことはしていません。

 

 

ホームページやチラシでの見せ方もプレゼンしてくれて、信頼も置けそうだったので価格には若干不満はありましたが依頼することにしました。

 

 

すると価格面は大きかったでしょうがあからさまに反応は増え、予め物件のデメリットも説明してあるので理解した上で観に来る人が多くなりました。

 

 

中にはやはり値下げ交渉をしてくる人もいましたが、その会社は値付けに自信を持っていたので、価格は下げないという対応をしてくれました。

 

 

その分、仲介手数料を割り引くという形をとっていました。

 

 

そして最初の募集開始から2年。ついに買い手が決まりました。

 

 

地元出身で、退職を機にUターンしてきたご夫婦です。

 

 

最初の報告を受けた時に私はようやく終わったかと大きく息をつきました。

 

 

実際に話は進んで、祖母の代わりに両親が買い主さんに会いましたがとても良い人で、地元が同じということもあり話も弾んだようです。

 

 

祖母もそれを聞き安心したようでした。

 

 

目減りしたものの大きなお金が入って、この先の老人ホーム代にも目処がたちました。

 

 

売却を検討した時に、私たちがもっと不動産のことを勉強して慎重になっていれば、もう少し早く売れたのではないかなとは思います。

 

 

売却に慣れている人はそうそういないと思いますので、恥ずかしがらずに納得いくまで何度でも不動産会社に質問をしたり、複数の会社の話を聞くべきだと感じました。

 

 

特に不動産会社選びは重要です。

 

 

今後売却をお考えの方には、私達がはじめにやってしまった不動産会社の情報収集を怠らずに、信頼できる不動産会社を見つけてほしいです。

 

 

不動産会社を探すためにおすすめの一括査定サイトは、以下の3社がおすすめです。

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る