やっぱり売れない空き家はプチリフォームが正解。古い家を売るコツとは?【30代主婦の体験談】

 

 

なかなか実家の空き家が売れなくてリフォームしようかどうか悩んでいませんか?

 

私の場合、古い実家をリフォームして売ることができました。

 

ただし、フルでリフォームすることはおすすめしません。見積もりを取るとわかるのですが、古い家はかなりの高額になる可能性があります。

 

そこで私がおすすめするのがプチリフォーム。

 

ポイントでリフォームして見栄えを良く魅せることで売る確率を高める戦略です。

 

やはり、実際に売りに出すとわかりますが、見た目が古く何も手付かずだと売るのに時間がかかりました。

 

このまま不動産会社にお願いしても変わらなそうだったので、自分でも空き家を売る方法を考えていくことに決めたのです。

 

私は北海道の札幌市に住んでいる30代の専業主婦です。

 

夫と2人暮らしなのですが、数年前に兵庫県の豊岡市にある実家を売却しました。

 

実家は土地が200uの60坪くらいで、間取りは4LDKです。

 

中はごく普通の家、外から見てもごく普通の古い家という感じのですね。

 

「田舎だからみんな持ち家だし…需要があるのか不安…」

 

「売りに出してはみたものの、何が売れない原因なんだろう?」

 

うちもそうだったんです。

 

でもいつか実家を売るつもりなら、早く手放した方がいいですよ。

 

なぜなら、離れていると交通費や空き家を維持するための費用も地味にかかりますし、なんと言っても土地が余ってきているという現実。

 

もちろん地域によるとは思います。

 

私の実家はなかなか売れなかったのですが、思い切ってプチリフォームをしたら売却することができました。

 

プチリフォームすると印象が変わるので、お金をかけすぎないようにして直すのが売りやすくするコツです。

 

では、私の売れない実家の空き家を、プチリフォームして正解だった体験談を詳しく解説していきます。

 

それと、リフォームは費用を抑えるためにも比較が大事です。

 

以下では一括で無料見積もりができるので参考にしてみてください。

 

【無料】リフォーム業者を比較する


 

 

田舎は持ち家率が高いから古い空き家はなかなか売れない

 

やっぱり売れない空き家はプチリフォームが正解。古い家を売るコツとは?【30代主婦の体験談】

 

田舎あるあるだと思いますが、田舎の人はほとんどが持ち家なので戸建てがまあ売りにくい。

 

実家の立地は悪くないし狭くもないんですが、まず「戸建てを買いたい」という人が少ないので、売りにくいなあと思いました。

 

そもそも田舎だと新たに引っ越してくる人も少ないし、暮らしているのは基本的に「昔からいる人」なんですよね。

 

若い人は都会に行くから1つの家に住む家族も少ないし、私の実家は中途半端に大きいから「夫婦で田舎暮らしをしたい」とやってきた人にも不向きだったんです。

 

私の実家は立地も悪くないんですけど、逆にそれがアダになった感じでした。

 

他にもっと安い土地があるし、というか土地が余っている地域なのでわざわざ私の実家を買う必要がないのです。

 

不動産の人と色々話をした結果、「これは時間がかかりそうだなあ」と思いました。

 

両親はもともと都会の人なのですが、若いときに田舎暮らしをしたいといってその実家に引っ越したんです。

 

でも歳をとって不便だからという理由で実家を手放すことになり、私にお願いしてきた感じでした。

 

安請け合いしたものの、思っていたより時間がかかりそうでちょっと後悔したのを覚えています…。

 

プチリフォームすると売れやすくなると聞いてリサーチを開始

 

やっぱり売れない空き家はプチリフォームが正解。古い家を売るコツとは?【30代主婦の体験談】

 

不動産情報に載せてもらってもやはりなかなか売れません。

 

実家は兵庫県、私は結婚して北海道に住んでいることもあってなかなか話が進みませんでした。

 

不動産の人と電話で連絡を取るんですけど、「売れそうにない」と判断されているからかあんまり積極的じゃないんですよね。

 

「問い合わせはないですね」

 

「値段を下げてはどうでしょうか」

 

くらいのアドバイスなので自分で考えようとネット検索してみました。

 

すると

 

「空き家はリフォームすると売れやすくなる」

 

という文字が目に飛び込んできたのです。

 

確かに実家は古くなっていたし、特に水廻りは「古い家」という感じでした。

 

私も賃貸物件を探すときは水廻りをしっかりチェックするので、水廻りが古いと住みたいという気持ちになれないことはすでに体験していたんです。

 

「リフォーム」という文字を見てハッとし、またネットで色々検索していきました。

 

プチリフォーム完成!やっぱりキレイな家は人気がある

 

やっぱり売れない空き家はプチリフォームが正解。古い家を売るコツとは?【30代主婦の体験談】

※画像はイメージです

 

 

無事にリフォームが終わり、実家を売却することができました。私がリフォームしたのはこういった場所です。

 

・お風呂

 

・キッチン

 

・リビングの床

 

・リビングの壁

 

たったこれだけ。戸建てなので買い手は家族ですよね。

 

お母さん、奥さんという立場の女性は、必ず水廻りはチェックするだろうと思ってお風呂とキッチンをリフォームしました。

 

といってもあまりお金はかけたくないので、最低限「キレイな感じがするように」リフォームしました。

 

お風呂の面積自体が広くはないので、多きなバスタブは設置できなかったんですが、バスタブの交換とタイルなどの周りを交換するだけで「ちょっとオシャレなお風呂」になったんです。

 

キッチンも同じくあまりお金をかけたくなかったので、タイルをレンガ調の壁紙にしてもらい、シンクを交換してもらいました。

 

本当はリビングの床と壁だけじゃなく全部の床と壁をリフォームしたかったのですが、それは金銭的に断念しました。

 

実際にかかったリフォーム費用は以下になります。

・お風呂→タイル張替えとバスタブ交換で40万円ほど

 

・キッチン→シンク交換と壁紙で25万円ほど

 

・リビングの床→10万円ほど

 

・リビングの壁紙→50万円ほど

 

 

「リビングだけじゃ意味ないかな」とけっこう不安だったのですが、仕上がりを見てホッとしました。

 

床と壁は面積が広いから、その2つを変えるだけでかなり印象が違うんです。

 

これが、私が実際にやってみたプチリフォーム戦略。

 

ただの「古い家」から「なんだかオシャレな古民家」になった感じというか、古さと新しさがちょうど良い感じに仕上がっていたんです。

 

「少ない資金でリフォームするには面積の広い場所を」

 

とネットで見ていたので、まさにその通りにしたのですがこれが大正解でした。

 

 

リフォーム業者を一括見積


 

プチリフォームが完成してから3ヶ月で無事に売ることができた

 

リフォームが完成してから内見希望があり、その3か月後くらいに無事に売れたのでめちゃくちゃホッとしました。

 

売り出し価格は当時1,200万円。

 

結果的に、リフォーム前よりも50万円アップした1,250万円で売ることができました。

 

やっぱりキレイになると人気がでるんですよね。

 

買ってくれた人はちょうど家族が増えたのでもっと広い家を探していたそうです。

 

決め手はリビングの雰囲気が良かったことと聞いたので、やっぱりプチリフォームして大正解でした。

 

不動産の人も仕事なので、売れそうな家を優先するんですよね。

 

私みたいに売れそうにないと判断されると良いアドバイスをもらえないこともあるので、その場合は自分で色々調べるのもおすすめですね。

 

ただ、1つ後悔していることといえば…リビングの壁と床のリフォームだけでも良かったかもしれないということ。

 

ちょっとリフォーム費用が高くついてしまったので、まずはリビングだけキレイにして、それでも売れないならキッチンとお風呂をリフォームする…

 

という流れでも良かったのかもしれません。

 

でもまとめて依頼した方が割引をしてくれるってことだったので、正直どっちが正解だったのかは分かりません…。

 

もう面倒だったこともあって、ちゃんと費用を計算しなかったことは今でも失敗だったかな…と思っています。

 

まとめ

 

やっぱり売れない空き家はプチリフォームが正解。古い家を売るコツとは?【30代主婦の体験談】

 

 

このように、実家の空き家にもう住むことがないなら売ってしまった方がいいです。

 

税金はかかるし築年数も古くなっていくので、放置しておくのはもったいないですよ。

 

しかも放置している家って、なんとなく排水溝から嫌な臭いがするんですよね。

 

どんどん売れにくくなっていくので、それならいっそリフォームして売却してしまうのがおすすめです。

 

ただ、リフォームするときは私の失敗談もかねて以下のことを気を付けるといいですよ。

・印象を変えるために面積の広いところを中心にリフォームする

 

・まとめて依頼した場合と、別で依頼した場合のリフォーム費用をしっかり計算する

 

 

私はもう面倒になって数か所まとめてリフォーム依頼しましたが、費用がそんなに変わらないならちょっとずつリフォームして様子を見るのもアリだと思います。

 

私は実家から遠方に住んでいるので面倒に感じて一気にリフォームしたので、それだけがちょっと心残りです。

 

あなたも私の体験談を参考にしてもらって、少しでも納得できる売却を願っています。

 

ここ最近では空き家問題がニュースなどでたまに見かけますが、やはり土地などあまっているのを見ると、ほんとにこれからどんどん増えていくのかなとか思ってしまいます。

 

兵庫でも田舎の方なので売れて良かったですが、周りが戸建ばっかりで需要があるのかどうか正直不安でした。

 

でも、そんなこと言っても勝手に物件が売れるわけはないので、なんらかのアクションは起こす必要があります。

 

私がおすすめしているプチリフォーム戦略も、万人受けする方法ではないかもしれません。

 

でも、きちんと段階を踏んでやっていけば、少ない労力で古い家を売る確率は上げられると思っています。

 

リフォーム業者も全国にたくさんあってひとつひとつ探すのも手間ですし、見積もりサービスもたくさんあるのが現状。

 

私がおすすめしているサービスでは見積もりが一気に依頼できるだけじゃないんです。

 

どこの箇所のリフォームが必要なのか?どの程度のリフォームが必要なのか?アドバイスをもらえるのです。

 

プチリフォーム戦略では、少ない資金で面積の広いところをリフォームして魅せる方法でした。

 

ただし、あなたの今所有している物件の状況によっては、リフォームしなければならない箇所も違ってくるかもしれません。

 

正直なところ、実際に空き家を目の当たりにしてどこを直せば良いかわからなくないですか?

 

もちろん、フルでリフォームしてしまっては料金も高くなりますし、かけた分以上に売れなければ意味がありませんよね。

 

プロに、どこまでリフォームが必要なのか無料で相談できて、なおかつ見積もりも出してくれますのでこういったサービスも利用していくと良いですね。

 

実家が離れているなら特に便利なサービスですのでおすすめですよ。

 

【無料】全国のリフォーム業者に一括見積り


 

 

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

イエウールで簡単見積もり
このページの先頭へ戻る