空き家を買取してもらう前に早めの相談を

 

小さいころから育ってきた懐かしい我が家。

 

 

しかし、自分たちは大人になり実家を離れ両親ももう住むことができなくなり空き家になってしまった。

 

 

愛着はあっても自分も兄弟ももう実家に暮らすことはないということになると、実家をどうすればいいのかが問題になりますよね。

 

 

持ち家は資産とはいえ、持っているだけだと固定資産税がかかるだけです。

 

また、人が住んでいなくても家や庭もある程度は管理しておかないと思わぬご近所トラブルにもなりかねません。

 

 

賃貸に出せば家賃収入が得られるのではとも思いますが、立地や家の状態によっては難しいこともあります。

 

 

それならばいっそ売却して現金にしてしまおう、と考える人が今は増えています。

 

 

そのときにまず問題になるのは、実家の空き家は更地にして売却したほうがよいのか、もしくは家屋つきで売却したほうがよいのか、ということです。

 

 

更地と家屋つき、土地を売るにはどちらがおすすめなのでしょうか。

 

まず大事になってくるのが、実家の立地と家の状態です。

 

 

まだ建てて年数が経っていない、あるいは数年前に住みやすいようにリフォームしてきれいになっているそういう状態ならば家屋つきで売却できる可能性は十分あります。

 

 

また、家の作りとしてはまだ大丈夫だけれど設備の面ではちょっと難がある。

 

 

そういう場合は、リフォームしてもらうことを前提として家の価値は0円として売り出すこともできます。

 

 

ただ、家屋つきで売り出す場合には、個人的な思いは別にして第三者の目で実家を見つめ直す必要があります。

 

 

もし、自分が買い手だとしたらこの家をこの状態でお金を出して欲しいと思うだろうか。

 

 

もしくは、家屋の値段は0円だとしてもわざわざお金をかけてリフォームしてまで住もうと思うだろうか。

 

 

実家に対する思いは横に置いて一度冷静になって考えてみてみましょう。

 

 

一般的には、土地は古家がついているものよりも更地のほうが売れやすいと言います。

 

 

ただ、更地にするためには費用がかかります。

 

 

家の広さや周囲の道路の幅などの条件によりますが、100万円前後はかかると覚悟しておかなければなりません。

 

 

しかし、家屋つきで売る場合でも古家の撤去費用の値引きを求められることもあります。

 

 

ある程度築年数が経っている家の場合、土地を更地にするための費用は最初から必要経費として考えていたほうがいいかもしれません。

 

更地として売る場合の注意点は、家を撤去すると固定資産税が6倍に跳ね上がることです。

 

 

更地にしたけれど土地が売れなければ、撤去費用と固定資産税がダブルで無駄になってしまいます。

 

 

そのため、家を撤去するときには売却できる可能性をしっかり見極めておく必要があります。

 

 

どちらの方法をとるにしても、土地売買に慣れていない素人がベストな方法を選択するのは困難です。

 

 

実家の売却が頭に浮かんだときは、まずは不動産業者に相談してみましょう。

 

 

不動産業者は、その地域の相場や実家の近くで売買された土地の価格などいろいろなデータを持っています。

 

 

登記簿も取得してくれますので、わざわざ役所に行かなくても実家について正確な状態を把握することができます。

 

 

また、土地を更地にする方法についてもアドバイスを受けることができます。

 

 

その際には複数の業者に相談することをおすすめします。

 

 

なぜなら、いくつかの見積もりを取ることで相場もわかってきますしいろいろな面から実家について見つめ直すことができるからです。

 

 

業者によって得意分野が違うこともあります。

 

 

今後は若い世代の人口が減っていくので、家余りが加速していくと予想されています。

 

 

もし家を売却しようと考えているのなら、早ければ早いほうが有利だと言えるのではないでしょうか。

 

 

昔のように、とりあえず家や土地といった不動産を持っているほうがよい、という時代ではなくなっていきます。

 

 

もし、実家が空き家になるのであればできるだけ早く対策を考えることをおすすめします。

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る