更地にして買取?それとも家屋土地つきで売る?

 

「実家の空き家は更地にして売却した方が良いのか、もしくは家屋、土地つきで売却した方が良いのか」

 

 

遠方の実家や、もう住まなくなった自宅を売却するときに悩まれることだと思います。

 

 

答えは「どちらでもよい」「より高値で売れる方を選ぶのが良い」というのが私の率直な答えです。

 

 

なぜなら、実家に帰ってくるとかまだ住み続けるということならともかく、売却するというのであれば高値で売れたらそれが一番だからです。

 

 

それが売主というものです。

 

 

ただし、不動産は最も価値の高い財産ですからその査定で大きく変わってきます。

 

 

中には優良不動産を安値で買い叩こうとする不動産会社もありますから、多くの不動産会社の査定を参考に出来るサイトを利用して相場を見る、アドバイスを聞くのが良いでしょう。

 

 

建物がボロボロであればほとんど土地の価格のみで売買がされますから、売主が更地にして売却するのか買主が購入後に更地にするのか、ということになります。

 

 

売主が更地にすればその費用は売主負担ですが、買主が解体費用を負担せずに済むのでより高値で売れる可能性があります。

 

 

解体に関しては、地方自治体が助成金を出していることが多いです。

 

 

買主が購入後に解体するときは、その費用が売却価格から差し引かれるでしょう。

 

 

注意点としては土地が十分な幅の道路に接していないときは再建築不可といって、更地にしてしまうと後で新たな建物を建てられなくなりますので注意が必要です。

 

 

災害救助や消防の観点から建築基準法にこの規定があります。

 

 

建物が比較的新しい、価値があるといった場合は家屋のある状態で売却したほうが高値で売れるでしょう。

 

 

買主の中には、新築に住みたいという購入希望者もいますから、そういった買主は建物付きで購入してもどのみち更地にして新築建物を建てると思います。

 

 

古住宅に住みたいという買主は、建物付きで購入してそのまま住み続ける、またはリフォームやリノベーションをして住宅の価値を高めるといった住み方をします。

 

 

物に十分な価値がある場合は、新築の希望者を除いて家屋のある状態で売却するのが基本だといえるでしょう。

 

 

売主がリフォームやリノベーションをしてより高値で売却するというのも一つの手です。

 

 

こちらも減税や助金制度があります。

 

 

なお、建物に住宅ローンなどその他の権利が残っているときは、返済して抹消するなどしない限り家屋を取り壊すことはできませんので売却資金の一部を返済に充てるといった形で解決します。

 

 

不動産は大きいですから、それを売却するというのは一苦労です。更地にしても同じです。

 

 

実家を売却する前に

 

 

特に実家を売却するときはまず相続の問題があります。

 

 

遺言があるのかないのかで大きく違いますし遺留分を請求されることもあります。

 

(遺言がなければ、相続人全員が相続する、または遺産分割で誰が相続するのか決めることになりますのでややこしくなります。)

 

 

そして実家を売却するというのはそのあとのプロセスに当たりますので、相続人(売主)は何より安心・安全・スムーズな一連の流れを求めることになるでしょう。

 

そんなときに頼りになるのが司法書士です。

 

 

相続のプロセスはもちろんのこと、司法制度改革で不動産の売却支援など財産管理業務が付与されていますので相続から不動産の売却までのプロセスを完璧に導いてくれます。

 

 

仲介の不動産会社に対しても「適正な仲介手数料」「最高値での売却」など交渉してくれますから相続人は安心して不動産を売却することができます。

 

 

家屋付きで売却するのかどうか、というのはあくまで価格の問題なので最も重要なのは、ごくごく一般住人である売主がスムーズに問題なく実家の売却完結まで持っていけるかどうかというところにあります。

 

 

ここが分かっていれば、そんなに悩むことはないです。

 

 

あとは信頼できる専門家を利用するだけです。

 

(司法書士は売主や相続人のことを第一に考えていますが、不動産会社は会社の利益を第一に考えてプレゼンなど提案してきますので、家屋を壊してアパートを建てよう、と提案してくる会社も多いです。本当にそれでいいかよく吟味しましょう。)

 

 

不動産の売買は人生の一大イベントですので、人生賭けてもいいといえる専門家や不動産会社とともに実家の売却を実現させましょう。

 

>>実家の空き家を更地にした方が良い場合を教えます。

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る