実家を片付けることが大事な理由

 

 

ここ最近、親の代わりに子供が親の家を片付けなければならないケースや、親自身が片付けられないという悩みが深刻なケースが増えてきています。

 

 

現在の親の状況も様々だと思いますが、いざふたを開けてみたら大変なことになっている!ということがないように実家片付けの大変さや重要さを事前に知っておくことは大事です。

 

また、より親の問題やその原因と対処する方法を知りたい場合は以下を参照してください。

 

実家の片付けの対処法

 

実家を早く片付けなければならない理由としては、時間とリスクがあるということです。

 

 

それを改善するためにも具体的な例をあげながら説明していきます。

 

 

今後も増える親の状況

 

 

親が亡くなった場合

 

・親を実家から自分の家に呼び寄せて同居する場合

 

・親が高齢者施設に入所した場合

 

 

 

どの場合も早めにしなければならないことが多く、片付ける側にとっては大きな負担になっています。

 

 

早急に片付けなければならない状況として、親の家が賃貸住宅、借地の場合です。

 

 

月末までには遺品などを片付けて空け渡ししなければ、家賃も支払わなわければなりません。

 

【無料見積もり】今すぐ遺品整理業社に依頼する

 

たくさん財産があればまた話しは別ですが、ほとんどの場合財産がないケースも多いのです。

 

 

賃貸でなく、実家が持ち家であっても同様のことが言えます。

 

 

持ち家の具体的な悩み

親が亡くなり、自分たちが実家に住むので遺品整理をしないと自分たちの家具類が入らない。

 

・空き家になった親の家を賃貸に出して貸すとき、はやめに室内を空の状態にしなければならない。

 

・親の住んでいた家の土地が借地のため、解体して更地にして地主に返さないといけない

 

・相談税や借金を支払うために実家を売却しなければならない

 

・子供が3人いて大学の教育費が重なり、売却して現金化しなければならない

 

・相談にんが複数いて、不動産では分配できないため現金化しなければならない

 

 

 

急に現金が必要な場合もあれば、特に今すぐやらなければないほどでもないと考えてる方も多いようです。

 

 

しかし、実家に誰も住まなくなったら、すぐ片付けるということでもなく、放置してしまうケースが増えてきているのです。

 

 

実際に手付かずの空き家は2013年時点で820万戸あり、今後も増えていくことが予想されています。

 

 

頭の中ではいつかやらなければいけないと気にしている方もいるのではないでしょうか?

 

 

早い段階で遺品整理や片付けを行い、親の家を貸したり、売却したりと利益を有効に活用することもとても大切なことだと思います。

 

 

【無料見積もり】今すぐ遺品整理業社に依頼する

 

 

実家が遠く、片付けが大変な現実

 

 

 

あなたの住んでいる場所と親の家が近ければまめに通うことができますが、私(40代半ば)のように都市部に住んでいて、地方に実家がある場合だと往復するだけで時間がかかってしまいます。

 

 

何度もかよえば交通費なども重なってきます。

 

 

いくら交通の便利が良くなってきたとしても、50代も過ぎれば移動するだけで疲れやすくなることも考えられます。

 

 

着いた途端に疲れも出てきて、結局片付けるのもおっくうになり片付ける時間がどんどん過ぎて行ってしまうケースもあるでしょう。

 

 

早く片付けたいが時間がないケースも多いのではないでしょうか。

 

 

仕事が忙しく会社がやすめない、葬儀で休みをとっているので休めない、こどもを預かってくれる場所がない、自宅で介護をしているため行けない

 

 

など行けない理由もたくさんあります。

 

 

一軒分の家財道具を一人で片付けると言っも、仕分け、梱包、タンス、冷蔵庫の出し入れ、ゴミが多い場合は収集業者へ依頼しなくてはなりません。

 

 

そのほか、荷物を運ぶ際のトラックの手配、光熱費関係の手続き、当日使用するよう品の買い出し。

 

 

実際問題、1日で終わらせることは非常に困難です。

 

 

もちろん元気で体力のある場合は別ですが、親が高齢な場合、あなた自身、つまり片付ける側の年齢も高齢化している現実も忘れてはいけません。

 

 

結果的に、故人の孫にあたる自分たちの子供にまで手を貸してもらうケースも増えてきています。

 

 

実家片付けるというのは簡単なものではなく、段取りも必要ですし、経費や万が一ケガや事故を起こしてまったりとリスクも伴ってきます。

 

 

ただ単に業者に任せるとお金がかかるから自分でやるということもわかりますが、とくに地方が遠い場合であれば、時間やリスクを考えた上で判断していくことが重要なのです。

 

 

結果的に自分でやる方がお金が高くついてしまう可能性があることも十分に考えられるということです。

 

 

【無料見積もり】今すぐ遺品整理業社に依頼する

 

 

 

>>親の家がゴミだらけ!?実家の片付けが大変になる前に対処法を教えます

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る