親の家の処分に困るもの

 

家を買取してもらう前に、処分に困ってしまうものを紹介します。

 

 

業者に頼むにしても、自分でできることはやっておき安く済ませることも考えておきたいところです。

 

業者に一括で頼むのも良いのですが、ゴミの種類で別料金が発生したりそのまま残していってしまうケースもなかにはあります。

 

なぜなら、有害性や危険性のあるものは引き取れない可能性があるからです。

 

そこで、業者が処分できないものとその捨て方を紹介していきます。

 

有害性や危険性のあるゴミを処分する方法

 

 

業者が処分できないもの

・食用油
・整髪料、スプレー、カセットボンベ
・灯油。ライター、消化器などの危険ぶつ
・農薬、塗料
・人形
・仏壇

 

 

これらの場合、見積もりする段階で処分できないものや別料金がかかるものを確認しておかないと、2度手間になってしまったり片付けに余計に時間がかかってしまいます。

 

 

なんでも処分できるわけではないのです。

 

 

食用油

 

 

@市販の油凝固剤を使ってから生ゴミと捨てます。

 

A牛乳パックの中に新聞紙などの紙を丸めて入れて染み込ませます。

 

口の部分をテープでとめて生ゴミと一緒に捨てます。

 

Bビニール袋の中に、新聞紙、古布を入れて染み込ませ、生ゴミと一緒に捨てます。

 

C自治体で回収を行っている場合は利用します。

 

食用油は基本的に流し台に捨てるのは禁止されています

 

また、食用油の容器は飲料類の容器とは違うため、リサイクル容器ではない場合があります。

 

お住まいの自治体によって処分方法は違うので確認してください。

 

整髪料、スプレー

 

 

整髪料、香水、乳液は、中身をビニール袋に新聞紙や古布を入れて染み込ませたあと燃えるゴミに出します。

 

 

ヘアムース

 

火気のない安全な風通しの良い場所で、ビニール袋の中に新聞紙、古布で染み込ませます。
その後、同じく火気のないところで缶に穴を開けてから捨てます。

 

 

スプレー缶、カセットボンベ

 

火気のないところで中身を出し、缶に穴をあけて捨てます。

 

 

シャンプー、リンス

 

ビニール袋に、新聞紙、古布を入れて中身を出して燃えるゴミで捨てます。
排水口は厳禁です。近隣の排水口から泡が出て迷惑になる可能性があります。

 

 

殺虫剤スプレー缶

 

中身がない場合は、中身を出しきります。
中身が多い場合、送料自己負担で回収してくれるところもあります。
回収業者に依頼する場合は1本100円から300円かかります。

 

 

灯油、ライター、消化器、有害性

 

 

これらは自治体や回収業者に依頼したとしても断られるケースがあります。

 

灯油、購入した販売店に相談しましょう。

 

ライター、自治体によって回収方法が違います。確認して使いきってから捨てるようにしましょう。

 

消化器、自治体では回収を行なっていないので、販売店や購入先で相談しましょう。

 

 

農薬、塗料

 

ガーデニングや家庭菜園などの趣味などから農薬や塗料を使っているケースが見受けられます。

 

このような有害物質を含んでいたり、処理に危険性があったりする場合は、自治体では回収されません。

 

購入した販売店やメーカーで引き取れないか確認する。対応していない場合は、自治体へ相談したください。

 

 

バッテリー、電池

 

販売店、取り扱い店舗、購入先で相談します。

 

自治体によって処分の仕方がちがいます。

 

 

人形、仏壇

 

 

人形は顔があるためなかなか捨てにくいのですが、箱のですが中にいれて清め塩をして処分しましょう。

 

気になる場合は、寺院などで人形のですが供養を行なっているところがあります。

 

 

仏壇

 

人形と同じように供養したうえで処分します。、仏壇店では有料で引き受けてくれるところもあります。

 

また、自治体によっては、マヨネーズやケチャップなどのチューブ容器に入ったものも中身が残っている状態では回収してくれない場合があります。

 

危険物など回収しない場合は残していくこともありますので、見積もりの段階で処分できるものの確認は必ず必要です。

 

 

>>遺品整理業者のサービスとは?

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る