遺品整理の前に確認すべき5つのポイント

 

遺品整理の前にの認しておくべきポイントががあります。

 

・賃貸の場合、契約内容を確認して解約

 

・全ての相続人に集まってもらい、形見を分け合う

 

・近隣の住民に事情を説明する

 

・いつ遺品整理をするか日にちを決めて、費用負担を決める

 

・相続人以外の親族や故人の親友に遺品整理をする事を伝える

 

 

賃貸の場合は、申し出がおくれて月末を超えてしまうと、次の月分の家賃が発生してしまうため早めに申請しておきましょう。

 

 

形見を分け合う場合、相続人がなるべく同じ日に集まってもらいましょう。

 

話し合わないとあとでもめる可能性があります。

 

 

近隣の方へ事情を話す場合、いきなり親族が多数集まってしまうと噂になる可能性もあります。

 

また、間違った情報や余計な詮索をされないためにも前もって説明することが大切です。

 

 

遺品の負担費用は、相続人それぞれに出費の不公平がないように納得してもらう必要があります。

 

 

相続人以外の遺品整理は、故人との関わりあいの深いひとが形見分けを希望することが多いので、もれのないようにしていきましょう。

 

 

遺品整理業者に依頼する前の確認

 

 

身内やご近所、友人などにあとから「聞いていなかった」と言われたりすることがあります。

 

予想以上に遺品整理が大変で、途中でやめてしまうトラブルを避けるためにも確認することが大切です。

 

遺品整理業者に依頼する前に状況の把握は必ず確認するようにしましょう。

 

・部屋の鍵は誰が持っているか

 

・賃貸の場合は、賃貸契約書はどこにあるのか

 

・賃貸の場合、家主や管理会社に遺品整理をする日を伝えているか

 

・ご近所へのあいさつは済んでいるのか

 

・相続人への連絡は済んでいるか

 

・家賃、光熱費などの滞納はないか

 

・借金や借りているものなどないか

 

・保険証書、通帳や貴重品など見つかっていないものはないか

 

・保険証書、通帳や貴重品など見つかっていないものはないか

 

今後のトラブルや作業を円滑にするためにも必要なことですので確認は行うようにしましょう。

 

 

>>遺品整理業者に依頼するときの注意点

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る