遺品整理で処分や片付け前に注意すべきこと

 

昔から続く家の場合、蔵や倉庫に古いタンスがしまわれていることがあります。

 

 

昔の人は蔵からものを出し入れして使っていました。

 

 

現在ではそういうことはしなくなっていますのでほこりなどもかぶっていることも多いと思います。

 

 

ですが、そういうタンスほどしっかり中身を確認した方が良いでしょう。

 

 

そのようなタンスは、隠し扉があったり2重扉のようなつくりになっていることがあります。

 

 

こういった古いタンスもくまなく探すことも重要です。

 

 

一般的なタンスでも封筒に入れた1万円札が裏に張ってあったり、引き出しの中に敷いてある紙の下にあったりするので処分する前にチェックを忘れないようにしましょう。

 

 

また、ご祝儀袋の中にお金が入っていたり、クッキーの缶の中にご祝儀袋がそのままになっていたりするケースもあったりします。

 

 

寝室の場合も同様です。

 

 

例えばベッドの下、サイドテーブルの引き出しの中などに現金の入った封筒があったりしますので確認してみましょう。

 

 

また、男性の場合はコートや背広のポケットの中、小銭やカード、財布などが入ったままになっているケースがあります。

 

 

遺品整理士の資格を管理する一般社団法人遺品整理士認定協会によると、女性の場合は宝石宝石入れにしまうのではなく、ティッシュにくるんでしまうこともあるようです。

 

 

宝石入れの中にしまっておくと泥棒が入ったときにすぐみつけられてしまうので、そのように考える傾向にあります。

 

 

そういった貴重品や宝石などを探す際には慎重に作業する必要があるのです。

 

 

ティッシュはゴミだと勘違いされやすいのですが中身も必ずチェックすることをおすすめします。

 

 

引き出しの中も重要で、保険証権利証などの重要書類が入っていたりします。

 

 

中には重要なものや書類を別々の引き出しに分けてあったり、権利証と取り扱い説明書が一緒に入っていたりします。

 

 

このように、遺品整理ではあらゆる場所をくまなくチェックする必要があります。

 

 

ですがどうしても遺品整理は時間がかかってしまいます。

 

 

面倒だから廃棄処分業者へ依頼して一気に捨ててしまうと、大事なものが全部ゴミとなって出て行ってしまいますので注意が必要です。

 

親の家の片付けを始めたとたん、作業量の多さに疲れてしまったり、宝石などの貴重品、処分に困ってしまっているなどの悩みもあるでしょう。

 

そんなとき遺品整理業者に見積もりを依頼するのもひとつの手です。

 

無料で見積もりができ、料金に不安があれば何社でも依頼することが可能です。

 

 

【無料】遺品整理業者に見積もりを依頼する

 

 

 

 

 

電気や水道が使える状態か確認する

 

 

 

親が亡くなったあと、悲しみにくれすぐに片付けられないケースもよくあるでしょう。

 

 

また、実家が遠い場合などなかなか頻繁にいくことができないときもあります。

 

 

そうこうしている内に、年月がすぎそのまま空き家の状態になって放置されてしまうことがあります。

 

 

このように長い間整理に行けなかった場合、あらかじめ電気や水道が使えるのか確認しましょう。

 

 

なぜかと言うと、料金の支払いが滞っていたら電気や水道が止められているかもしれません。

 

 

自動引き落としなどに使っていた銀行口座が使えなくなって止められている可能性があります。

 

 

水道が使えないと手も洗えませんし、雑巾もしぼれないトイレも流せないということになってしまいます。

 

 

電気が止まっている場合怖いのは冷蔵庫です。

 

 

電気が止まったまま中に食品類が入っていたりすると、カビが生えてにおいも相当ひどいものになります。

 

 

このような状態で掃除するのはかなり大変です。

 

 

もし遺品整理ができずに長く放置してしまっている場合、普通の片付け作業だけでなくにおいとも闘わなくてはならないのです。

 

 

電気や水道が使える状態であっても、長い間放置すれば光熱費も支払い続けなければなりません。

 

 

なので、、空き家を放置するのは今後の作業にかなりの労力が必要になってくることが予想されます。

 

 

なるべく早めの対応をすることが、精神的にも家にとっても必要なことなのです。

 

 

遺品整理での特に重要なもの

 

 

 

 

遺品整理では、相続に必要なものを確認してそろえる必要があります。

 

 

親の財産確認

 

・土地や建物の権利証
・預金通帳
・保険証券
・株券
・宝石などの貴金属
・美術品

 

などがあげられます。

 

 

これらのもを事前にどこにあるかわかるように整理しておきましょう。

 

 

その場所を伝えておいてくれれば探す必要がないのですが、そうでない場合は探すのがかなり大変になります。

 

 

例えば銀行では当事者が亡くなると口座が凍結されます。

 

 

なので、銀行の通帳や印鑑などもできればどこにしまってあるかを話合っておいた方が良いでしょう。

 

 

シニア世代の場合、口座を複数持っていていろいろな銀行に少しずつ預けている場合もあります。

 

 

印鑑も口座によって変えているケースもあるようです。

 

 

どの印鑑がどの口座なのか分かるように、そして把握することで後々困らないようにするために話合いは必要なのです。

 

 

 

>>遺品整理を自分たちで行う方法

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る