遺品整理を自分たちで行う方法

 

遺品整理を業者に頼むべきか自分たちで行うべきか。

 

人それぞれ考え方はあると思います。

 

なかなか物を捨てられない性格だと、親の遺品整理をしていても思い出にふけってしまいなかなか作業が進まないことがあります。

 

何も知らない遺品整理業者に依頼するよりも、自分たちで行うか考えるときもあるでしょう。

 

個人の遺品整理を適切に処分できるのはやはり身近だった人の役目でもあります。

 

色々思い出もあることは当然のことですが、やはり勇気を持って一気に処分してくしかないのではないでしょうか。

 

ゴミだとか、家をすっきりさせるということではなくて故人の人生を最後まで見送ってあげることまでがあなたができる役目だと考えます。

 

そこで、少しでも自分たちでスムーズに作業が出来るように遺品整理を行う方法をお伝えします。

 

 

遺品整理を自分たちで行う5つのポイント

 

遺品整理を自分たちで行う5つのポイント

 

具体的な準備

 

準備物

 

作業手順

 

注意点

 

キッチン周りの片付け方

 

遺品整理を自分たちで行うには、あらかじめ具体的な準備が必要になってきます。

 

作業の重要なポイントは迷ったら考えずに後回しにすることです。

 

探すときは探す、詰めるときは詰める、運ぶときは運ぶ。

 

自分で行うにしろ兄弟や親戚と一緒にするにしても、作業をスムーズにするために必要なことだからです。

 

具体的な準備

 

 

 

作業をする前に具体的な準備をすることが先決です。

 

その項目は以下にまとめましたので、まずはメモなどを用意してから始めると良いと思います。

 

 

・誰に手伝ってもらうのか→
・いつまでに完了させるのか目標を決める→
・不用品を引き取る、一般廃棄物業者に来てもらう手配→
・自分で不用品を処分施設に運ぶのであれば、、トラックの手配→
・ダンボール箱、ゴミ袋、軍手などの準備→
・部屋の電気や水道が使用できるか確認する→
・室内の原状回復を求められたら手配できる工務店を調べる→
・地方に形見を送る場合、宅配業者に事前に手続きを確認→
・遺品を売る場合、当日にリサイクル業者にきてもらえるようにする→
・支払い費用を用意しておく→
・私物や形見が誤って不用品と一緒に捨てられないように区別しておく→

 

やみくもにやっても時間と労力だけが奪われてしまいますので、具体的に考えておくことで作業の効率化を目指します。

 

準備物

 

 

 

遺族が自分で用意するのに必要なものを紹介します。

 

・手で切れる色違いのビニールテープ
・ダンボール、大中小と大きさの違うもの
・太めの油性ペンで、あらかじめ鉄類、不燃物、可燃物、紙類など記入しておく
・遺品に包丁などの刃物が、ある場合はタオルとガムテープで巻いておく
・座布団や枕などは、いらないカーテンなどを風呂敷代わりにして包む
・自転車の処分は先に探しておく
・鍵類は失くさないように最後まで取っておく

 

いくら家の中がキレイであっても、作業するとホコリが出るのでマスクを着用します。

 

このようにあらかじめ準備しておくことで、自分で行うにしろ複数の人数で行うにしろ片付けをする際に作業がスムーズです。

 

作業手順

 

 

 

@

 

まずはじめに作業メンバーが数人いる場合、リーダーを決めておいた方が良いです。

 

指示する人がいないと遺品の取り合いになったり、あなたが知らないうちに捨てられていたりと兄弟喧嘩になりかねません。

 

A

 

リーダーは故人の道路周りの確認

 

玄関の前にトラックを止めたままにできるくらいの道路幅が確保できるか確認しましょう。

 

このとき、近隣住民に挨拶をし迷惑がかからないかを確認します。

 

トラックを家の前に止められないと荷物運びに時間が取られてしまい段取りが変わってきます。

 

また、台車などホームセンターなどで安いものを買っておくと作業効率が良くなります。

 

B

 

チームワークが肝心になってきますので、だれがどこの部屋から始めるのかだれがどこを担当するのか決めておきます。

 

C

 

カラーテープと油性ペンを持って端から順に部屋を回り、大きさのあるものに必要なものにテープを貼っていきます。

 

複数人が形見として引き取る場合、テープにその人の名前を書きます。

 

それが一通り終わったらダンボール箱を複数用意してダンボール箱の横に書いて並べます。

 

・形見わけの品、供養希望の品
・検討中の品
・食器類(なべ、包丁、箸、スプーン)
・紙類(新聞、書籍)
・衣類(布団以外)
・可燃物(木製品、紙製品)
・不燃物(陶器、ガラス)
・食品(生もの)
・液体物(レトルト食品)
・危険物、電池類(スプレー、ライター)

 

細かいですがこのような種類の箱を作っておけば整理が簡単に進みます。

 

はじめに手間をかけずにとりあえず作業してしまうと、2度手間になったりして途中であきらめてしまうことが考えられます。

 

内容物をしっかり記入しておくことで後々どこに何があるか探すのにもスムーズになります。

 

D

 

作業スペースを確保しながら梱包していきます。

 

ある程度梱包が進んだら、梱包済みの終わったダンボール箱を玄関先の通路など足場を確保していきます。

 

部屋の梱包も全て終わり玄関がいっぱいになったら全員で一気にトラックまで運びます。

 

荷物を運ぶときは、全員が手を止めて一斉に運びこれを繰り返していきます。

 

作業中は不用かどうか迷ったら検討中の箱にいれ、梱包作業が終わったら考えるようにしましょう。

 

そうしないととにかく片付かないので一斉に作業をすることが大事です。

 

全員が行動を一致させて作業すれば比較的早く片付くでしょう。

 

注意点

 

 

注意点は以下の3つです。

 

・近隣とのトラブル
・個人情報の漏えい
・作業中のけが

 

近隣とのトラブルについて

 

室内の遺品整理が終わっても、実家が一戸建ての場合自宅の周りに生えている草木や雑草を刈っておくことも忘れてはいけません。

 

広い庭がない場合も草や木はどんどん枝葉を伸ばしていきます。

 

気がつかないうちに塀を乗り越えて隣の敷地まで伸びてしまいトラブルになりかねません。

 

また、庭に生えている雑草が育ちすぎると蚊や毛虫などの害虫が巣を作ってしまいます。

 

特に夏は近隣からのクレームにも繋がりますので、故人がご近所との関係が薄い場合は注意が必要です。

 

個人情報の漏えいについて

 

故人や親戚の名前が書いてある手紙や書類の処分にも注意しましょう。

 

シュレッダーなどがあれば良いのですが、現実的に難しいのでできるだけ油性ペンなどで名前を消すか破るかなどして捨てましょう。

 

また、免許証、保険証、パスポートなどは悪用されてしまうケースもあるため特に注意して処分してください。

 

作業中のけがについて

 

古い物件の場合床の木材がそげて足にささる場合があります。

 

必ずけがをしないように裸足や靴下のままで作業せず、厚手のスリッパや軍手は着用してください。

 

また、家というのは人が生活していないと湿気を含まないため木材がどんどん乾燥していきます。

 

乾燥によって家屋の損傷が出たり虫に食われてしまう可能性があります。

 

身内だけでやる場合は別として、もし仮に友人であったり手伝ってくれる人にけがをさせてしまうことのないよう十分注意しましょう。

 

 

キッチン周りの片付け方

 

 

 

親の家の片付けで結構大変なのがキッチン周りです。

 

キッチンのスペースは狭い場合が多く、その上使わなくなった食卓の上に物があるときもあります。

 

ダンボールの置き場にも困りますし、可燃物や不燃物の資源ゴミの整理なども一苦労です。

 

また、けがをしやすい場所でもあるため厚手のスリッパなどはいて作業するようにしてください。

 

仮に電気が止まっていた場合、冷蔵庫の中身が腐っていることも考えられますし匂いも強烈です。

 

その辺は覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

では、キッチン周りの作業ポイントについて解説していきます。

 

キッチン周りを整理する場合、まずはじめにやらなければならないことは足場の確保です。

 

足場を確保することで作業時間も変わってきますので必要な作業です。

 

1. 床に置いてあるものを先に片付ける(作業スペースの確保)

 

2. ダンボール箱を複数個並べられるように置き場を確保

 

3. 食卓の上の物を整理。食卓は最後に片付ける。

 

4. 食器棚や戸棚の中にある物を、食卓の上へ

 

5. 瓶やペットボトルの中身をシンクに流す

 

6. 生ものはまとめて、地域のゴミ収集日に出す

 

7. 鉄類やステンレス、アルミ類は分ける

 

8. カセットコンロのガスボンベは危険ですので、自分たちで穴を開けようとせず、電池やライターと一緒に廃棄業者に出す

 

9. 油などは流しに流せないので、まとめて処理する

 

10. 包丁は布などを巻いて、わかりやすいように柄の部分が見えるようにして片付ける。

 

とにかくけがをしないように作業してください。

 

また、作業をする前にも親族や身内への相談は必ず行うようにしましょう。

 

勝手にすると後々揉めることになりますので、報告、連絡、相談は必須です。

 

 

>>目的に合った不動産会社を選ぶ

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る