不動産会社に査定依頼

 

まず、はじめに行うことは売ろうと思っていれ家がどのくらいの価格がつくのか調べてみましょう。

 

 

価格を調べるには2通りの方法があります。

 

 

近隣の売買事例を調べる方法と、不動産会社に査定を依頼する方法です。

 

 

近年は評価額と相場の関連性は薄れてきていて、評価額の半分以下でも売れないケースがあるようです。

 

 

そこで、最近の傾向として売買事例が注目されるようになってきました。

 

 

すでに取引された価格なので客観性があります。

 

 

参考になる数も多く、所持している家と比べられるのでとても便利です。

 

 

家の規模によって多少は違いますが、立地条件については似ている場合が多いのである程度の目安にするこができます。

 

 

売買事例を探すには、国土交通省の土地総合情報システムにある不動産取引価格情報検索ページ が役立ちます。

 

 

全国で実際に行われた不動産の取引価格を、住所、駅からの距離、取引価格、面積、平方メートル単価、形状、道路幅員、取引時期などの項目で調べることができます。

 

 

取引のない地域もありますが、周辺を参考にすれば大体の目安がわかります。

 

 

実際サイトを利用してみるとわかるのですが、都道府県をクリックしあなたの住所のところをクリックすると赤枠で表示されるので、詳細をクリックすれば見ることができます。

 

査定を依頼する方法

 

 

 

もう一つは不動産会社に査定を依頼する方法です。

 

 

ですが、不動産会社の数が多くサービスの質もピンキリなのが正直な話なので、はじめから一社に絞るのはあまりおすすめできません。

 

 

良い不動産会社を選ぶには、最低でも3社くらいは査定を依頼するのが良いと思います。

 

 

なぜ2〜3社に声をかけるのかというと三者三様だからです。

 

 

それぞれの会社がそれぞれの視点からあなたの親の家を査定し、異なる売り出し価格を提示してきます。

 

 

ただし、査定を依頼するときはどの会社にも同じ様に家の概要を提示しましょう。

 

 

前提条件が違うと査定結果が比較できません。

 

 

正確に査定を行ってもらうためにも、物件の不具合や情報もできるだけ提供することが大切です。

 

 

無料査定を依頼している大手の不動産会社と、小さな不動産会社などから査定書を出してもらえば目安の価格を調べることができます。

 

 

ここで、注意しなければならないのが査定価格が高いからと言って売却価格が高くなるとは限らないことです。

 

 

近隣の成約事例や売り出し価格によって公正なものではなくてはならないのですが、不動産会社の査定価格は相場よりも少し高くなる傾向が強いです。

 

 

つまり実際に売れる金額はもっと低いということです。

 

 

では、その中からどのようにして不動産会社を1社に絞り、売却を依頼するのかを見極めていきます。

 

 

 

・営業担当者の質
・なぜその価格になるのか
・周辺の取引事例を把握しているか
・高い査定価格が良いとは言えない

 

いざ査定を依頼してみると、思ったより査定価格が低い場合や高い査定価格があったりします。

 

 

その価格に開きがあるのは間違いないです。

 

 

ある程度自分でも売買事例などを調べてみて、どのくらいの価格で取引されていたのが分かればその査定価格と比較することができます。

 

 

低めの査定価格でもあってもその根拠が明確で、確実に売却できる可能性が高い場合の方が信頼しやすいです。

 

 

ですが、高い査定価格を出して依頼を受けたとしてもやっぱり売れないから値下げしましょうという業者もいます。

 

 

結局のところ査定だけでは分からないところがあるから、1社よりも複数の業者に依頼して相場を把握することが重要ということです。

 

 

営業担当者の質

 

 

 

営業担当者が誠実で、熱心に対応してくれるかどうかも大切です。

 

 

返信が早かったり資料を作成するのが上手い、文章が丁寧、というのもわかりますがそれだけではやはり足りません。

 

 

これまでの契約実績や得意なエリア、どのような営業手法なのかを聞いた上で総合的に判断することが大切です。

 

 

複数の不動産会社に査定を依頼するとメールや電話があります。

 

 

昨今のサービスの質を考えればそれなりに根拠のある査定額を提示してくれることも考えられます。

 

 

一般の素人からすると、どれも本当の事を言っているようで結局どこに絞り込んだ方が良いのかだんだんわからなくなってくることもあるでしょう。

 

 

そんな時、決定づけるひとつの方法として、どういう売り方をしてくれるのか?を聞き出すことができれば選びやすくなると思います。

 

 

なぜなら、売るためにはどうやって買い主さんを見つけてくれるのか、興味を持ってもらえるか、どのように売り込んでもらえるのか、買い主さんへのアプローチが大切だからです。

 

 

その不動産会社が実際どのような売り方をしているのかを色々提示してもらった方がより絞りやすくなります。

 

 

もし担当者に不信感があるのであれば、大手でも地元でも依頼するのは考えた方が良いでしょう。

 

 

なぜその価格になるのか

 

 

各社それぞれ独自の査定方法があります。

 

あなたの家のどのような点を評価したのか、メリット、デメリットをきちんと説明してもらいましょう。

 

周辺の取引事例を把握しているか

 

 

自社の査定方法による売り出し価格はあくまで理想上のものです。

 

実際の住宅市場は変動しますから、最新の取引事例を元に調整が必要になってきます。

 

きちんと取引事例を把握しているのか確認する必要があります。

 

高い査定価格が良いとは言えない

 

 

営業担当者の項目でも書きましたが、高く査定を提示してくることもあります。

 

それは、売却依頼を獲得するために売り手の気を引かせるからです。

 

売りに出したあとに値下げを迫れることも十分考えられますので注意しましょう。

 

また、その逆で低い価格設定を提示する会社の狙いは早く売りさばくことにあります。

 

売却期間が長引けば、その分会社としての営業コストがかかってしまうからです。

 

まとめ

 

 

まとめると、土地総合情報システムで、不動産取引事例を見る。

 

あなたの近隣周辺の取引事例を参考にして目安を知る。

 

複数社に査定を依頼し、その査定価格と自分で調べた価格の目安を比較する。

 

大手中小どちらを選ぶにしろ、大事なのはどのような営業手法なのか、どのように売ってくれるのかを確認することが大切です。

 

そして契約実績や得意なエリアなども聞き、総合的にみて1社に絞り込んでいきましょう。

 

 

>>空き家を買取で高く売る方法

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る