空き家を買取で高く売る方法

 

売却までの手順まで一通り把握することができたら、今度は高く売ることはできる?のか気になることもあると思います。

 

 

高く売るということは、査定をする不動産会社や買い主に良い不動産だと思われるようにすることです。

 

 

買取を依頼する場合であっても同様のことが言えます。

 

 

基本的には不動産会社の査定によって売却金額を決めることになりますが、ある程度工夫をすれば査定額をあげることは不可能ではありません。

 

 

なぜなら、、実家をアピールして営業担当者に好印象を与えることができれば売却金額を納得できるものにしやすくなるからです。

 

 

立地が悪かったり家の状態がひどかったり、壊れている箇所があったりする場合もあると思います。

 

 

お金をかけても元がとれないリスクがあるのでできるところから始めていきましょう。

 

 

買取・仲介のどちらも良い条件で売却するポイント

・水廻りをきれいにする
・室内を明るく見せるために証明をつける
・室内を明るく見せるためにカーテンを開ける
・生活臭やカビのにおいを減らすために30分以上前から換気する
・遺影など見えない場所に移動する
・雑草があれば除草剤で散布する
・最低でも玄関からリビングまで歩きやすくする

 

実家の空き家を高く売る方法

 

 

 

まずは、単純にきれいな住宅の方が高く売れます。

 

 

業者に頼むと広くて状態が悪いと数万から数十万くらいかかってしまうかもしれません。

 

 

ハウスクリーニングによって住宅のイメージは大きく変わり、商品としての価値が上がります。

 

 

また、自分でやる場合でも休日に家族や友人に手伝ってもらえれば業者への費用も浮かすことができます。

 

 

業者にハウスクリーニングを頼んだ際にかかる費用ですが、30から45坪の住宅だと一般的には6万円から15万円ほどが必要になります。

 

 

ハウスクリーニング費用

30坪から45坪くらいの住宅の場合

 

・6万円〜15万円くらいの費用
・換気扇、エアコン、ベランダ、水廻りなどでは追加料金が発生する
・最低でも水廻りの掃除をすることで査定者への印象が良い
・水廻りのハウスクリーニングは1万円〜2万円ほど
・庭の除草剤は50坪用で2500円〜9000円
・庭木の伐採業者は2万〜3万5000円ほど(高い場所は高額)

 

 

これに加えて、換気扇やエアコン、ベランダ、水廻りの状態などによっても追加料金が発生します。

 

 

これでは費用がかかりすぎると思う場合は、業者へ依頼する場所を最低限に抑えあとは自分でやるしかありません。

 

 

業者に依頼するか特に考えなくてはならないのが水廻りです。

 

 

仲介で売る場合、きちんと使える状態であっても汚れていると特に女性への印象が良くありません。

 

 

最低でも、キッチンとトイレ、浴槽だけはきれいにしておいた方が家の価値が上がります。

 

 

自分でできない場合は業者に依頼するのもひとつの手です。

 

 

家内の掃除が終わったら外側や庭の掃除もしておきましょう。

 

 

ポイントとしては、庭木があれば伐採や除草剤を散布しておくだけでも市場価値は変わってきます。

 

 

除草剤は粒状と液体状のものがあり、農地用と駐車場や道路に使う非農地用と分類できます。

 

 

粒状であれば比較的軽く簡単にできますので、人手が足りなかったり体力的にも厳しい場合はこちらをおすすめします。

 

 

除草剤は50坪用で2500円〜9000円程度で買えますが、効果が出るまで1週間くらいかかりますので早めに散布しておいた方が良いです。

 

 

庭木の伐採については、経験がない場合は高い場所の枝を伐採するのは大変危険です。

 

 

植木屋などの業者に依頼した方が良いでしょう。

 

 

植木屋に依頼した場合、脚立が使える木であれば大体2万円から3万円前後ですが脚立で届かない場合はもっと高くなる可能性があります。

 

 

もし、枝をきるだけですむようなら空き家の管理業者や便利屋を利用すれば半分くらいの費用ですむので数社で値段を比べてみてください。

 

 

どれかおろそかにしていると、本来売れるはず家が売れなかったり売却金額が数十万〜数百万円も下がってしまう場合があります

 

 

自分でできなくても業者や手伝ってくれる人を探して、家の価値を下げないようにしていきましょう。

 

 

査定時に評価が下がるもの

 

 

 

査定を依頼したときに逆に評価が下がってしまうことがあります。

 

 

基本的に家具や家電など置いておけば役に立ちそうな気がするのですが、家の価値が上がる事はありません。

 

 

逆に処分費がかかると見なされてしまいその分の評価が下がるのです。

 

 

余計な荷物は処分して荷物は少なければ少ないほど良いということになります。

 

 

荷物を少なくすることで虫やカビなどの元が減りますし、通気性が高くなるとホコリも減りますので家としては印象が良くなります。

 

 

もし、荷物の整理が難しいときは玄関から廊下、リビングまで、寝室、浴槽、トイレだけでもきれいにして印象を良くしていきましょう。

 

 

また、家電の処分費用についてですが、エアコンで1400円、ブラウン管、液晶で3000円程度、冷蔵庫は5000円程度、洗濯機は3000円程度が大体の目安です。

 

 

まとまると結構費用がかさむので売れるものはリサイクルショップに売った方が良いでしょう。

 

 

ゴミだと思っていたラジオやレコード、壊れた農機具、動かないバイク、自動車など、意外と高額で売れる場合もあります。

 

 

持ち出しが難しい場合は、写真などを撮って業者に見せるだけ見せて査定してもらっても損はないと思います。

 

 

高く売る方法もあれば、逆に評価を下げてしまう可能性も十分考えられますので、家の状態を確認してから業者に依頼するのが賢明です。

 

 

 

>>築30年越えの売り出し方

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る