築30年越えの古い家を売る3つの方法を教えます

 

 

築30年以上経っていて、古い家を売るにはどうすれば良いのか? ここが一番悩みが出るところだと思います。

 

 

この記事では古い家を売る方法をお伝えしていきますが、合わせて体験談も紹介していきます。そちらも参考にしてみてください。

 

 

まず、古い家を売る方法はひとつではないと言うこと。

 

 

現況がわかっているにも関わらず、なかなか動けていないのが本音ではないでしょうか。

 

 

私の実家(山形)のワンブロック内に、空き家が3件もあります。

 

 

そのほとんどが、亡くなってしまったり施設に入居する形で、売る人がいなく今もそのままです。

 

 

この記事を読んでいるということは、あなたはまだ元気なはずですので、古い家を放置しっぱなしにしないようにしてください。

 

 

早めに行動することがどれほど大切なことなのか、後々わかるようになります。

 

 

なので、今現状やれることがあるのであれば、少しづつでも良いので始めていきましょう。

 

 

古い家の売り方も大きく分けて3つあります。

 

 

基本的な売り方を紹介していきますが、それ以外にも【家を売る相手を変える】 という発想もひとつの作戦です。

 

 

それでは、古い家を売るにはどのような方法があるのか? を解説していきます。

 

 

 

 

築30年超えの古い家を売る3つの方法

 

 

 

築30年以上越えている場合の古い家の売り方は3つあります。

 

@中古住宅として売る

 

A古家付き土地として売る

 

B土地として売る

 

@中古住宅として売る

 

築30年を越えていても、手入れが行き届いてる物件があります。

 

 

傷みが少なく、まだ住もうとすれば住める家なら中古住宅として売ることができます。

 

 

買い手としてはリフォームする必要もなく、すぐ住めるし建物評価が0で割安感がある。

 

 

そういうところにメリットを感じ買い手が付くケースもあります。

 

 

A古家付き土地として売る

 

 

古い家と言っても、人によっては全く住めないと言う人もいれば、かろうじて住めるかなと言う人と微妙に分かれます。

 

 

このような場合古家付き土地として売りに出します。

 

 

古い家なので、建物評価は0です。

 

 

その事を伝え、住むことができればお得ですよとアピールしていきます。

 

 

買い手によっては、

 

 

「住めないから解体したい、解体費用分を値引きしてほしい」

 

 

と交渉が入る場合もあります。

 

 

この辺りをどう考えるかは、今のあなた自身の状況や物件の状況によると思います。

 

 

早く売りたいのであれば値引き交渉に応じるべきでしょうし、他に良い条件で売りたいのであれば時間をかけるしかないでしょう。

 

 

B土地として売る

 

 

誰が見てもこのままでは住めない、廃屋寸前のような家は解体して更地にし土地として売りに出します。

 

 

なぜなら、その方がかえって見栄えが良くなるからです。

 

 

ただ、更地にすれば固定資産税が通常に戻りますので、早く売れる価格を設定して売りに出した方が良いでしょう。

 

 

もし、解体を検討しているのであれば、一度不動産会社に相談してください。

 

 

解体後、売れなければ固定資産税が元に戻って今までよりも高くなります。

 

 

空き家の固定資産税が6倍になるのは本当?詳しく解説します。

 

 

さらに、再建築不可の物件を更地にしてしまうと、余計に売れなくなります。

 

 

投資家目線で売却をしていくなら良いと思うのですが、そうでなければ一人でどんどん進めていくのはやめた方が良いですね。

 

 

また、「古い家を売るときにリフォームしてキレイにした方が売りやすくなるの?」

 

 

実家の空き家など所有していると、このような疑問も出てきますし、この手の質問は多いです。

 

 

リフォームや解体した方が良いのか? については物件の状況によって変わってきます。

 

 

ボロボロのままだと更地が条件。土地として売らなければならない状況もあります。

 

 

そうなれば、解体費用分の土地代が下がるということです。

 

 

築30年を超えていても、安いリフォーム会社を見つけて、リフォームして売れれば解体費用分は浮くことになりますよね。

 

 

仮に売れなかったとしたら、そのリフォーム代金は損したことになります。

 

 

リフォームや解体もしない方が良い状況や、した方が良い状況もあったり、現況によって変わってきますのでまずは不動産会社に相談しましょう。

 

 

【無料】全国の地方や地元業者まで一括査定する

 

古い家をアピールして売ろう

 

 

上記のような古い家を売る方法を3つお伝えしました。

 

 

ですが、それだけではまだ不十分です。

 

 

あなたの物件の古い家をアピールすることも重要です。

 

 

売りに出すとインターネットで情報が公開され、他の物件との競争が始まります。

 

 

買い主は、公開される情報を元に、比較してより魅力のある家を見つけて見学することになります。

 

 

そこで、どんなセールスポイントがあるのか? を考えて売りに出すときのプラスの情報として公開していきましょう。

 

 

魅力的な資材が使われていない?

 

 

古い家ならではの魅力的な資材があります。

 

 

例えば、銘木の梁、無垢の板張り、しっくいの塗り壁、御影石が張られた広い玄関などです。

 

 

これらを伝えることで希少性をアピールできます。

 

 

最先端の設備がある?

 

 

数年前にリフォームしてあり、バリアフリー、床下暖房、乾燥つき浴室、オール電化などもアピールできます。

 

 

景色や眺めが良い?

 

 

山や川など自然の素晴らしい景色、きれいな夜景なども感動を得られやすいので売るときのアピールになります。

 

 

立派な庭がある?

 

 

園芸好きにたまらない立派な樹木、季節の果樹をつける木などもアピールしましょう。

 

 

また、木々などが欠点を隠すときの役割を果たしてくれますので効果的です。

 

 

隣家に売却するのも一つの手

 

 

 

意外と売れる可能性があるのが隣家です。

 

 

隣家はけっこう需要があると思います。

 

 

実際に、実家の隣家の駐車場を借りています。駐車場が借りられるだけでもかなり助かっています。

 

 

兄弟が多いし来客も多いので、駐車場が2台だけでは足りないんですよね。

 

 

ただし、いくつか注意しなければならないこともあります。

 

 

個人売買でやりとりする方法もありますがあまりおすすめできません。

 

 

なぜなら、当事者同士だと交渉条件などに遠慮が働くから。

 

 

言いたいことが言えず、まとまる話しもまとまらずトラブルになりかねないのです。

 

 

交渉するときは間には不動産会社に入ってもらい、直接取引はしないようにしましょう。

 

 

特に、価格交渉が安すぎれば売り手側に不満、高すぎれば買い手側に不満が出ます。

 

 

価格交渉についても、不動産会社に間に入ってもらい、冷静に対応した方がお互いに気まずくならずに済みます。

 

 

なので、個人売買でやりとりするのではく、間に不動産会社に入ってもらった方が無難ですね。

 

 

【無料】イエウールで複数社に依頼する

 

 

【実体験】家を売る相手を変える

 

このように、築年数30年を越えていたとしても、売り方次第では売れる可能性十分にあります。

 

 

時間が経てば経つほど、日々土地価も下がっていくことは避けられないので、早め早めの行動で結果も変わってきます。

 

 

最後になりますが、家を売る相手を変えたことで、実家の古い家を売ることができた方法を紹介します。

 

 

以下の実体験では、築50年以上が経過していますが、古民家の特徴を上手く活かした方法で売却に成功しています。

 

 

【実体験】築50年以上の一戸建て。台風や地震でのボロ物件を250万で売却した体験談

 

 

何も、売る相手は一般の買い主だけではないということ。

 

 

誰にでも当てはまるわけではないのですが、なにかひとつのきっかけになれば幸いです。

 

 

積極的に不動産会社を活用して、早く売れるように色々な方法を探っていきましょう。

 

 

【無料】古い家を売るならイエウール

 

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る