売るを選択するおすすめな理由

 

実家の親の家を今後住む予定がないのであれば、できるだけ早く売ることをおすすめします。

 

なぜかというと、素人にとっては一番スムーズに次の住み手に渡す有効な活用の仕方だからです。

 

不動産ビジネスに詳しくて経験があったりする場合はもちろん別です。

 

 

具体的にその理由を一つ一つ解説していきます。

 

素人にとって一番リスクが少ない

 

 

売却することを不動産会社に依頼してしまえば、あとは契約引き渡しの手続き以外はあまりすることがありません。

 

売却益が出れば申告して税金を一度納めて終了になります。

 

売ってしまえば、手間やコストがかからない

 

 

売らずに持っていれば、固定資産税、都市計画税、光熱費、維持管理費がかかります。

 

持っていれば年間で費用もかかりますが、売ってしまえば0円です。

 

早ければ早いほど良い

 

 

家は住まなければどんどん傷みます。

 

傷めば傷むほど、買い手も付きにくいですし売り出し価格も下げざるを得ません。

 

空き家率も今後どんどん上がる可能性があり、人口減少によって家が余ることも予想されます。

 

景気がよくなれば、不動産価値が値上がりすると言って売ることを先のばしにする方もいるようですが、よほど好立地でなければ考えにくいです。

 

家を貸すことは良い選択か

 

 

すぐ売れる気になれないし、周りの目もあるからとりあえず貸すという選択肢も一つの方法ではあります。

 

当初、実家の親の家も借り手がついていたが数年後退去者が出て次の借り手が見つからないこともよくある話です。

 

そこで借り手をつけるために、設備交換や家賃を下げるかなど考えることが増えていきます。

 

収支が合いにくいから売ろうと決めたとしても、その時点で家の老朽化が進んでいて買い手が現れないことも十分考えられるのです。

 

これらを踏まえ、あなたのライフプランや現状にもよりますが早めに売る事の方がメリットが大きい場合もあるのです。

 

家を貸した場合について

 

売るのが良いとわかっていても、やはり貸しに出したいと考える場合は一度収支計算してみると良いでしょう。

 

貸したときに入ってくるお金と出ていくお金を計算して貸すかどうか判断していきましょう。

 

入ってくるお金は家賃や礼金

 

継続的に入ってくるのは借主が払う家賃です。

 

管理費などがあればそれも毎月入ります。

 

礼金は、新規契約のは場合貸主に対する謝礼として借主が払うものです。

 

最近は礼金なしが増えています。

 

更新料は、賃貸契約の更新のとき契約内容に応じて借主が貸主に支払います。

 

大体が賃料の1ヶ月が多いですが更新料なしも増えています。

 

借主から預かるお金

 

敷金などがこれにあたりますが、賃料や補修費などの支払いを担保する目的で貸主かが借主から預かるものになります。

 

一般的には賃料の1ヶ月から2ヶ月が多く、借主が退去するときに損傷のある修復費用を敷金であて残金は借主に返します。

 

出て行くお金は管理委託費、メンテナンス費、固定資産税

 

管理委託費は、不動産会社に入居者や建物の管理を委託するとかかるお金です。

 

入居者管理は家賃の集金や苦情の対応などです。

 

建物管理は物件の清掃やメンテナンスを行い、管理委託費は賃料の5%くらいが多いようです。

 

固定資産税や都市計画税も支払います。

 

一時的に出て行くお金

 

古い家を貸し出す際の初期リフォーム代以外にかかる費用もあります。

 

入居中の室内の設備の故障などのメンテナンス費用、入居者が退去したときのクリーニング費用がかかります。

 

また、不動産会社に入居者を依頼する場合仲介手数料がかかります。

 

月額賃料の0.5〜1ヶ月+消費税の範囲で支払う必要があります。

 

その他に諸経費として、損害保険料、交通費、通信費などがあります。

 

所有していると必ず出て行くお金が建物や設備の修繕費用などです。

 

入ってくるお金もあれば出て行くお金もあります。

 

色々かかる費用も全体的に見て、投資分が回収できる状況であったり手元にお金が残ることが考えられれば賃貸に出すことも良いのではないでしょうか。

 

どちらにしても収支シュミレーションは欠かせません。

 

 

>>戸建ての空き家を貸す方法

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る