あなたの実家がゴミ屋敷に!?実家の片付けが大変になる前に整理する方法を教えます

 

 

あなたの実家はゴミ屋敷化していませんか?

 

ここ最近、テレビやニュースなどで空き家問題が増えてきています。その中でも特に実家の片付けが問題になってきてますね。  

 

親が片付けられないと言うことなんです。

 

・実家の母が亡くなり父親が一人になったとたんに全く片付けができない。

 

・親が寝たきりになってしまい、自力で片付けることができない。

 

・親がADHD(発達障害)で片付けが困難。

 

・とにかく物を捨てられない、捨てようとすると怒られる

 

 

など、実家片付けられないが増えてきているという問題です。

 

 

このまま放置してしまえば、ゴミ屋敷化して衛生上よくありませんし大変危険です。

 

 

万が一自然災害などか起きた場合に、物があふれ返り逃げ遅れるケースもあるから危険なのです。

 

 

そうなる前に早めに行動することが大切です。

 

 

遺品整理生前整理はあなたが思ってる以上に大変です。

 

 

不用品や家財などが大量で作業が大変なケースが多いですので早めに対応する必要があります。

 

 

【無料】今すぐ遺品整理業社に見積もり比較をする

 

 

親が実家を片付けられない!原因とこれから先対処していく方法

 

 

 

では、なぜこんなに片付けられないのか原因をみて行きましょう。

 

 

あなたの親は、もしかして団塊世代の産まれではないですか?

 

 

その頃の世代は物がない時代に産まれています。

 

 

使えるものは取っておく、捨てるのは勿体ないという風潮がある世代なので話が面倒くさくなってしまうのが原因のひとつです。

 

 

勝ってに捨ててしまえば、

 

 

「アレがない!コレがない!」

 

 

などと、怒られてしまう経験とかありませんでしたか?

 

 

ただ言葉で説得しようとしても、なかなか解決できないのが現状でしょう。

 

 

やはり、親自身に自分の過去を片付けるという意味も込めて、納得して片付けてもらわない限りは難しいような気がします。

 

 

今では、片付けの本や、生前整理、断捨離などの本も沢山あります。

 

 

そう言った本を読ませてあげるのも解決のひとつです。

 

 

その他では、実際に親戚を連れていき現場を見せます。

 

 

親戚に部屋が汚い、片付けられていないことを共感してもらい、多少強引に片付けてしまうケースも最悪の状況であればいたしかないと思います。

 

 

中には親が神経質で病気がちな場合もあるでしょう。

 

そういう場合は、あまり気持ちを逆立てしないように一度箱詰めして、レンタル倉庫に移動してみる。

 

 

そういった目に見えない場所に移動させて、時間の経過とともに、親の状況を見ながら処分していくのも効果的かと思います。

 

ただし、

 

「一旦倉庫に預けておくね」

 

 

と一言添えて、手元においておきたいものだけ自分で選ばせるようにした方が良いでしょう。

 

 

勝ってに処分すると、「盗まれた!」とも言われかねないので。

 

 

もし、レンタル倉庫が高くてワンルームの方が安ければそちらでも全然良いと思います。

 

 

どちらにせよ、信頼関係は大切ですので処分するタイミングを見計らって行うことが重要です。

 

 

遺品整理や生前整理の悩みが増えている

 

 

 

去年2017年の夏に日本経済新聞終活に関して読者アンケートを行いました。

 

そのアンケート内容の中で、

 

「遺品を少なくするための片付け、生前整理」

 

「あらかじめ遺品整理をプロに頼む」

 

 

11%にも上り、エンディングノートの執筆やセミナー参加などの次に多かったのです。

 

 

この結果から実家片付けは、高齢に近くなってきている自分や親の終活の重要なテーマになってきています。
※引用元:日本経済新聞調べ

 

 

では、結局のところ一番気になるのが遺品整理のプロに頼むといくらなのか?ということ。

 

 

業者によって違いはもちろんありますが、基本的には処分品の量で決まります。

 

 

部屋の広さに応じて量はある程度目安がつきます。

 

 

中には部屋のタイプで金額を示すところもあるようです。

 

 

主に、関東、東海近辺で営業するところのおおまかな目安は以下になります。

 

1K   4万〜8万円

 

1LDK  8万〜16万円 

 

2LDK  15万〜25万円

 

3LDK  20万〜35万円

 

 

業者によって違いはありますので、あくまで目安ととらえてください。

 

 

【無料】一度、遺品整理業社に見積もりを出してみる

 

 

また、遺品整理と生前整理での料金の違いも気になりますよね。

 

 

まず、事前に業者が現場を訪れて見積もりを出して契約します。

 

 

作業日に要らないものを分けて搬出する流れはどちらも一緒です。

 

 

この中で一番料金に差がつくのが、

 

 

遺品整理はほとんどが不用品の場合が多いこと、生前整理では今後使うものを残すこと。

 

 

同じ部屋の広さの場合であれば、一般的には遺品整理の方が処分品は多くなりますので料金は高くなります。

 

 

今現状ですと、遺品整理の方が依頼の件数は多いのですが、一人暮らしの高齢者のケースだと生前整理の依頼が増えているようです。

 

 

遺品整理業者は今では1万社以上あると言われています。

 

 

過去の実績ももちろんですが、遺品整理士の資格があるとか、他にも何か特別な資格があるか確認しましょう。

 

 

それらを踏まえて、遺品整理業者の相見積もりをとって比較したりして選ぶのが最も重要です。

 

 

 

【無料】遺品整理業社に相見積もりで比較する

 

 

実際作業を行なっている間はあなたか家族は立ち会うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

このように、様々な問題があることから片付けは1日〜2日で終わる葬儀よりも大変なのです。

 

 

家族に迷惑かけたくないからと言って、お墓や葬式の心配をする方もいるでしょう。

 

 

ですが、家にある大量の荷物の方が問題で、整理せずに亡くなってしまえば遺品となって家族にふりかかります。

 

 

厳しい言い方ですが、価値があると自分では思っていても、亡くなってしまえば大半がゴミになってしまうのです。

 

 

そういう価値があるものは元気なうちに売ってしまい、気がついたらゴミ屋敷になって何かあったらとても危険な状況になっていたということがないようにしていきましょう。

 

 

そのためには、親との片付けに対する信頼関係であったり、言い方、伝え方、片付けるタイミングがとても大切です。

 

 

【無料】遺品整理業社に見積もりを出す

空き家の売却なら以下3社のいずれかでOK

イエウール

・実家が地方で空き家。初めての不動産売却ならイエウールが圧倒的におすすめ

・2019年2月現在、不動産会社の提携数が1700社で業界1位。全国の地方・地域密着で不動産会社がたくさん

・2018年7月時点で、査定依頼件数がついに業界で1位。イエウールを利用して売却できた人が多い※東京商工リサーチ調べ
・不動産会社の得意分野のバリエーションが豊富なのが特徴。

・空き家や地方に物件があるなど、あなたのニーズにあった不動産会社とマッチングがしやすい。

・不動産会社の数が多いため、たくさん比較することで結果的にスムーズに売ることにつながる


リビンマッチ不動産売却

リビンマッチは買取業者が多く登録されているのが特徴

仲介で買手が見つからない、仕事で平日は時間がとれない、年齢もあって体力的に厳しい、子育てで忙しい、実家が遠い方向け

現行法では違法になる建築物や、建物を建てられない土地(再建築不可物件、既存不適格物件)を持っている方

・秘密で売却したい

・とにかく早く現金化したい(スピード売却)


LIFULL HOME’S

・空き家バンクを活用したいと考えているならLIFULL HOME’Sがおすすめ

・全国に空き家や空き地を所有している方で、活用に困っている場合は登録しよう

匿名査定ができるので、とりあえず簡単な相場や価格を知ることができる

・国土交通省が空き家バンクの情報を一元化。その実施事業者がLIFULL HOME’S

・特に売り急いでいない、時間に余裕がある場合はあり
・ポータルサイトが充実。買取、売却、賃貸のほか、遺品整理、リフォーム、引っ越しなどの見積もりも可能




空き家を売るときに1社だけに依頼しようとしていませんか?

1社だけに依頼するのは危険です。
なぜなら、比較しないと1社だけの買取価格では損する可能性があるからです。
複数社に見積もり依頼してから決めましょう。
登録はいたって簡単。だれでも1分ほどですぐ終わります。

今すぐイエウールで複数社に査定を依頼する
このページの先頭へ戻る